• 粧サポ事務局

【電気代】電力会社を変更した結果

※本記事は、会社・店舗で電力会社変更が可能な方向けに記載しております。


電力会社を変更して半年、弊社の電気代にどのような変化があったかをメモ書きとしてお伝えしたいと思います。


■電力会社

 変更前)HTBエナジー   変更後)エフエネ電気


■使用量と電気代

■削減できた金額

 16,663円 

※補足:2020年度と2021年度の違いについて
以下要因により単純比較が困難な点は留意が必要です。
①使用電力量が減少:弊社内エアコンの入れ替えにより省エネが進んだため
②電気代:2021年は全国的な電力需要増により燃料調整費が大幅増 
③中部電力管内での比較のため、他の地域では異なる結果となる

■結果から分かること

燃料調整費が増加しているにもかかわらず、電力単価が減少している

 電力会社変更により、燃料調整費の増加額を吸収することができた

大手電力会社(中部電力・東京電力等)からの変更の場合はさらなる効果額(4~5万円)が見込める

 変更前のHTBエナジー自体が新電力会社であり、大手電力会社からすでに安くなっていたため効果額が大きくはなかった。

 


■まとめ

昨今コロナの影響により宅内電力需要が伸びており、大幅に燃料代が増加しています。

今冬も電力代が増加しており、電力会社の見直しはやっておくべき経費削減の一つです。


面倒だと考えていましたが、新しく乗り換えたい先の電力会社に住所や支払い方法を記載して申し込めば、旧電力会社からの切り替えを自動でやってくれました。

また、乗り換えた電力会社の対応に不満がある場合にも、基本的には違約金無しですぐに別の電力会社に変更することが可能です。

どの電力会社に申し込めば最も安くなるのかを比較するためには、比較サイトや各電力会社のホームページでシミュレーションをしてみることが重要です。


粧サポでは「経費削減WIN」と提携して、その地域の担当電力会社と全粧協4500社の規模で料金交渉しております。以下リンクのフォームよりご連絡頂ければすぐに比較交渉を開始いたします。(お手元に電力の使用明細3ヶ月分をご用意ください)


経費削減WINについて


料金交渉・依頼フォーム


ぜひ皆さんの今年の冬の電気代を削減できることをお祈りしています!