• 粧サポ事務局

【日本商業新聞 2021/12/13】◆2021 化粧品業界「10大ニュース」

※本記事は日本商業新聞社様の許諾の上掲載しております


新型コロナの感染拡大で「緊急事態宣言」並びに「まん延防止措置」等の重点措置が各地域に発出し消費が大きく低下。化粧品業界も大きく影響受ける。


②コーセーが組織変更と人事を発表。販社社長に藤原功氏が就任。またアルビオンも組織変更と人事異動を実施し、5本部体制に。一方、資生堂ジャパンも組織の一部改正と人事異動を発表。営業組織を全国6支社(浜松町支社含む)体制となる。


③アルビオンが2023年度から新取引制度(割戻率等)を取引店に案内、2022年度の実績に応じて美容部員の派遣日数も変更か。コーセーも取引制度を改正する。


④資生堂が中長期戦略を発表。「ベアミネラル」「BUXOM」「ローラメルシェ」をアドベント社に譲渡。また、「ドルチェ・ガッバーナ」もライセンス契約を終了する。


⑤「専門店EC」の取組みを資生堂、コーセーが発表。資生堂は「Omise+」を3月22日からスタートさせ、コーセーは「ECプラットフォーム」をテスト稼働した。


⑥コーセーが「デコルテ グランドデザイン2026」を発表。ブランドの更なる進化を目指し、販売店・ブランド・お客さまの向上を図る。


⑦資生堂の専門店専用ブランド「ベネフィーク」が全面リニューアル。「コア」「エッセンシャル」「リュクス」の3ラインで展開。一方、顧客の要望に応え「ドゥース」の継続を決定。


全粧協・松坂理事長が体調不良により理事長を退任。後任には専務理事の津村昌秀氏を理事長に選任。


⑨資生堂パーソナルケア事業をCVCキャピタル・パートナーズに売却、新会社「ファイントゥデイ資生堂」としてスタート。スキンビューティー領域の集中化を図る。


⑩巣ごもり需要で通販業界が大きく成長。2020年度は前年比20.1%増で、市場は初の10兆円を超える。この傾向は今後も続く可能性が高い。


(日本商業新聞社)